今日7月7日は日本やアジアなどでは七夕ですね。
欧米では特に七夕をお祝いしないので、待ち受けはありません。
でも七夕で思い出した懐かしいことがあるのでブログを書くことにしました。
それは埼玉県にある安楽時、通称『吉見観音』さんのことです。

願いが叶う観音様』としてマスコミでも散々取り上げられたので知っている方も多いでしょう。
私も日本に住んでいる時に、仲良かった友達と5回くらい、もっとかな?行ったことがあります。
マスコミなどに取り上げられる前なので大分昔です。

結果からいうと、私も友達も願い事、叶いましたよ
関東にお住まいの方は、ぜひ一度行ってみてはどうでしょうか。

ちなみに吉見観音さんに願いを叶えてもらうには
細かな決まりというか『行き方』があるんですよね
そうしないとダメというわけではないのでしょうが、もう恒例みたいになっているので
どうせ行くなら、やり方に従って行った方がいいと思いますよん。

吉見観音さんの正しい行き方』を自分の記憶をたどりながら書き出しておきます。

---------- 願いを叶えるための吉見観音の行き方---------------------------------------------

晴れの日に行く

・池袋の駅構内の『アンデルセン』で『ハイジの白いパン』を買う
(手とお口が粉だらけになります

・池袋から東松山まで東部東上線で向かう
(急行とかがあったと思いますが1時間弱はかかったような)
車持ってるんですけどって人も、池袋からは電車で行くこと。

・電車内でハイジの白いパンを食べる(学生気分で買い食いってやつです

・東松山の駅から吉見観音さんまではケチらずに必ずタクシーで行く
(2000円くらいだったと思います。お友達と割り勘していきましょう)

・いざ吉見観音さんへ

・まずは本堂(?神様がいるところです)を参拝

・おみくじを大吉が出るまでひき続ける(お金払ってですよ、もちろんw)
私は1回思いっきり負の連鎖にはまりまして、
大吉を引き当てるまでに2000円近く使ったことがあります。
神主さんに申し訳なかったです。
しかも吉見観音さんのおみくじって中に黄金の小さなオマケが入っているので、
大量にオマケだけ集まっちゃって

絵馬(700円だったかな)を買って書く
願い事は縦書きで出来るだけ細かく書く(私と友達は小文字でギッシリ書きまくりました)。
最後に「2014年7月吉日」みたいに書くんだったと思います。
「吉日」って言葉を使った覚えが。
お正月などの書き入れ時は絵馬の売り切れもあるので、
混雑が予想される時期は、事前に吉見観音さんに電話をして
絵馬の在庫がちゃんとあるか確認してから行きましょう。

追記:
絵馬の最後に「願いを込めて 名前(例 Cat Kat)」
って書くルールがあったことを思い出しました。

・絵馬を神社境内に結ぶ

・大吉のおみくじは持って帰る。
それ以外のおみくじは神社境内に結んでいくか持って帰ってもよい

・参拝が終わったら、神社の外にあるお団子屋さんでお団子を食べる
(お団子は美味しいのですが、外で食べるとベンチが斜めでけっこうチャンレンジャーです

・帰りは東松山の駅までバスもあるらしいです、私と友達はいつも
お団子食べてる間にタクシー呼んで、タクって駅まで行ってました。

・駅に着いたら駅のたこ焼きを食べるというルールが初期にはありましたが
2回目に吉見観音さんに行った時には駅が改装されていて
もうたこ焼き屋さんがありませんでした。
なのでたこ焼きは食べなくてもOKにルールが変更。

-----------------------------------------------------------------

ここまでが通常マスコミなどに取り上げられている『願いが叶う吉見観音』のお話です。
私と友達は自称『吉見観音プロ』なので、ここで終わらないです
ここまで読んでくれた方、ラッキーですよ

実は吉見観音さんには『七夕祭り』がありまして、世間の七夕よりなんか遅いんですよ。
お団子屋さんだったと思いますが、短冊をくれるので願いを書くと
吉見観音さんに奉納してくれるんですね。これも叶いました
私は友達に内緒で、ドアホな願い事を書いたんです。
簡単にいうと下ネタ系の願い事で、よくそんなの七夕の短冊に書くね!って願い事です

でも私は「吉見さんなら心広いし優しいから
私のギャグのセンスも分かってくれるはず」くらいな勢いで、
しかもその時の1番の願いがそのシモネタ系だったので、本気で書いてみました。
結果叶いました要はなんでも叶えてくれるんですね優しい吉見観音さんは
叶った後で友達に言ったら「そんなこと短冊に書いたの皆に見られてるよ」と爆笑されました。

今調べましたら、2014年の七夕の短冊は、
7月19日(土)から7月27日(日)まで受け付けているそうです。
ぜひこの期間の晴れの時期に行ってみてはどうでしょうか。
私も日本にいたら絶対行きますね。異国にいるのでいけませんが。

こんな感じですかね。
今自分で書いてて当時を思い出して、泣きそうになりました
すごく懐かしいです。

あ、吉見観音さんにも古いお守りなどを焼いてくれる奉納所があるので
行くときは古いお守りやお札(他神社のものもOK)を持っていくと良いと思います。

色々神社とかありますよね、日本て。
私も若い頃、友達と「恋愛に効く神社」に片っ端から行きましたよ(笑)。
東京大神宮とか今戸神社とかですか。
でも願いが実際叶ったのって、吉見観音さんだけですね。
個人差あると思うので私の場合は、です。

そんなこんなで、今日は待ち受けじゃなくてごめんなさい。
ステキな七夕をお過ごしください

「私も吉見観音さんで願いが叶ったよ」って方はコメントに書いてくれると、
読んでて私も懐かしくなって嬉しいです

吉見観音(安楽寺)
Address: 〒355-0151 埼玉県比企郡吉見町御所374
Phone:0493-54-2898

ポチっ↓とされると頑張ります♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 待ち受け画面・画像へ
にほんブログ村