大変ご無沙汰しております!

日本の新型コロナウイルス・パンデミックは、落ち着いてきましたでしょうか?


季節はすっかり秋ですね


秋と言えばやはり…

きのこですよね!キノコ!

(いや、スーパーで1年中、売られてるし



ちなみにうちの職場で、

誰もが2度見するような極上美人がいるのですが、

彼女はきのこが嫌いなんですって!



ええっ?!



キノコを食べないと、あんな美人になれるの?!

(違う。キノコ、全く関係ない)


そうじゃなくてぇ…



ええっ?!


きのこが嫌いな人なんているの?!  

って感じですよね。


ちなみに彼女はきのこの食感が、特にイヤなんですって。

いや、きのこは食感が良いんじゃないかーい!


特にエリンギ。

ガムを噛むくらいなら、

エリンギをずっと噛み続けていたい…。



さて待ち受けの紹介の前に、運命のお話、

『運命の赤い糸伝説』シリーズ第4弾です!


いつもにまして長文なのですが、

読書の秋(←キノコの秋ちゃうんかい)ってことで、

お時間のある方は、お読みくだされ。



当事者たち(←事件みたいに言うな)の写真がないのですが、

数年前の『コスモポリタン』で取り上げられた、

正真正銘の実話です。



さかのぼること2012年3月


妹ステファニー(18)と、妹の友人のサバンナを乗せ、

家から数キロの場所にあるピザ屋に、

車で向かっていたブランディ。


母親が少し前に購入した中古車に不安があったブランディですが、

妹ステファニーに「大丈夫だよ」と言われ、出発。


しかし突如、車が盛土に乗り上げ、

そのまま約5メートルほどスリップしてしまいます。


この時、1番最初に現場にかけつけたのが

消防隊員のダスティン(ホフマンちゃうで)。



事故の衝撃は大きく、

なんと同乗していた妹の友人サバンナは、その場で即死。

妹ステファニーは血まみれで、意識不明の重体。


車に閉じ込められた状態のブランディ本人も重症で、

激痛のあまり、救助にあたるダスティンにすら、わめき散らし

脊髄損傷の可能性があったブランディの救助は、難航を極めます。



救助にあたったダスティンは、

無事に車から救出され、病院に運ばれたブランディのことがどうしても気になり、

病院へブランディの様子を見に訪れます。



ブランディには脳内出血があり、治療の一環として

意図的に昏睡状態にあったため、

話すことができなかったダスティン。


そしてブランディの母親から、

現場で意識不明だった妹のステファニーが

搬送先の病院で、息を引きとったことを告げられます。


そうです、運転していたブランディ以外の同乗者は、

みんな事故で亡くなってしまったんですね



ブランディも脳内出血の他に、

右肩から手首までを複雑骨折。

両サイドの骨盤の骨折の数は、合計13ヶ所。

さらに胸骨は、約12.5センチものめり込んでいました。



その後、昏睡状態から目覚めたブランディですが、

事故の記憶が全てなく、

妹ステファニーと、妹子の友人サバンナが

事故で亡くなったことを母親から聞かされ、

「私が死ねば良かったのに!」

と自責の念に悩まされます。



1ヶ月のリハビリを頑張ったものの、

いまだ歩くことができなかったブランディは、

ナーシングホーム(日本で言う老人ホーム、介護施設)へ移されます。


まだ20代だったブランディは、施設には

自分よりも50才以上も年上の患者さんたちしかおらず、

話し相手もいなく、どんどん気が滅入り、

自分だけが助かったという罪悪感が、

日に日に増してしまいます。



そんな中、足しげくお見舞いに通う母親から、

消防隊員ダスティンのことを聞かされていたブランディは、

自分の救助に関わったダスティンと、

他の救助隊員に会いたいと思うように。


そして事故から5ヶ月、

心の傷にのリハビリになればという母親の思いから、

ブランディと消防隊員、救急隊員との面会が実現します。



ブランディと再会したダスティン。

当時交際中の彼女がいたのですが、

ブランディの母から「写真を撮ったら?」と言われ、

消防車の前でツーショットを撮ることに。


その時ダスティンは、「何か大きなことが始まる予感がする… 」と思ったと言います。


あ、写真ないと思っていたら、当事者のお写真、めっけました


こちら実際のブランディとダスティン(と消防車)。

photo


その再会ではツーショットを撮って終わりだったわけですが、

時はさらに(4ヶ月)流れ…



ある日、従妹からダブルデートに誘われたブランディ。

新しい彼氏ができたばかりの従妹は、

彼氏の友達とブランディをくっつけようという魂胆だったわけですが、

ダブルデートの場所に行ったブランディはビックリ。


なんと従妹の彼氏の友達が、

消防隊員のダスティンだったわけです!


な・な・な・なんですとーっ

そんな話ってあるんかい!

まさに、ザ・運命やないかーい


言うまでもなく、従妹とその彼氏が仕組んだとか、

ダスティンが根回しをしたという話ではなく、

まったくもっての偶然です。

偶然という名の運命です



運命の再再会から順調に交際を進めたブランディとダスティン。

2015年の5月に無事に結婚いたしました


いやーっ、運命の赤い糸って本当にあるんですね!


天国で妹のステファニーとお友達のサバンナも、喜んでいると良いですな。



そんな本日の待ち受けは、きのこまで戻り…

きのこの待ち受けです  (そのまんまかい)



ヨーロッパでは幸運のお守りとして知られているキノコ。


赤に白い斑点のキノコが特にラッキーらしいです。


上がっていた効果は…


 ラッキーなことが起こる

 プレゼントをもらう

 欲しい連絡が来る

 魔除けのお守りになる

 SEX運が上がる




最後のエッチ運って、なんなんでしょう

良ければお試しを…



 初めての方は、コメントを書き込む前に、必ずこちらのコメント欄についてをお読みください。

 待ち受け紹介文面(文章)の、無断コピペはご遠慮ください。



待ち受け



ポチっ↓とされると頑張ります♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 待ち受け画面・画像へ
にほんブログ村