新年、明けましておめでとうございます!(←いまさらかい)

いつまで続くか分からないこのブログですが、

今年も(もし続いていたら…)よろしくお願いいたします


さて、待ち受けの前に雑談…

今日は新春・新年スペシャル! (←ムダに長いだけ)


年末に、友人Sに泣きつかれました。

「2年間、もうやれることは全部頑張ってやってきたのに、どうしても彼氏ができない 」と…

Sはけっこう美人ですし、インスタを駆使し、毎週ってくらい違う男とデートをしているので

出会いそのものはめちゃくちゃあるのですが、彼氏ができないんですよね。


必死過ぎて怖いんじゃないかな 、なんて思ったりもしますけれども、

でも誰だって叶えたい夢に向かっては必死になってしまいますよね。


そこで、誰かの励みになるかも知れないと思い、

私の友人と、私自身の

「私は〇〇で彼氏ができました」という実話を紹介したいと思います。


まず私の年上の友人Tの場合(Tは日本在住です)。

もう10年以上前の話になりますけれども、

結婚を前提に2年間交際していた彼氏に、突然フラれた20代中盤のT。


ショックが大きすぎて、半年くらいゾンビのような生活をした後、

仕事に生きようと決心し(当時、既に彼女はマネージャークラスの役職でした)

「もう男なんてこりごりだわ」と、マンションを買ったんですよ。


契約書のサインを交わした日の帰り、友人から翌月の合コンの誘いがあり、

出会い目的ではなく、人生を楽しもうという思いから、約1ヶ月後にその合コンに参加。

そこで出会った男性と、トントン拍子に話が進み、1年後に結婚しました。


付き合い当初の口癖は、「マンション買ったばっかりなのに、どうしよう~」でした

結局Tは交際後すぐに、マンションは売りに出しましたけれども。

(今では2人のお子に恵まれ、幸せな結婚生活を送っております)


続いて、恥ずかしながら私の実話です。


私は3年間以上、彼氏がいない時期がありました。

その約3年間、本気で彼氏が欲しくなく、出会いを探したりすることもなく、

デートにもいかず、友達や職場の全員に

「マジで彼氏とかいらない。1人が最高!結婚もしません。

将来は猫と犬に囲まれ、孤独死する予定なので遺体の処理、よろしく!」

と強がりではなく、本気で思って口に出していました。


大昔どこかの記事で話したように、死んじまった彼氏のこともあり、

恋愛で燃え尽き症候群になったと言いますか、

本気で恋愛などしたくない、マンドクセと思っていました。


ちなみにその3年間強、セカンドバージンでした  (←誰も知りたくない、いらない情報)

エッチの仕方なんて忘れちゃったなーアハハって感じで、

「あたし、このまま誰ともやらずに(←言い方)死ぬのかな?それもまた良し」

とか思いながら、僧侶のような生活を送っておりました


もともと結婚願望がないのと、

1人の時間が大好き&潔癖症なので、自分のペースや生活が大好きで、

できないことはゴキ退治くらいで、あとは男が必要ないと言いますか、

彼氏とか旦那がいるって、面倒くさいよなーと本気で思っていたんです。


そんな私も、10代前半から20代前半までは男大好きでして(←言い方)、

寝ても覚めても頭の中は男のことばかり(←言い方)。

3度のメシより、イケメンを食わせろ!くらいのノリでした(←肉食系女子)


元々家事は大好きなので、20代中盤くらいまでは結婚願望もありましたし、

いつかは子供が欲しいなーなんて思ったりもしていました。

30代を前に、卵子も冷凍保存しました(IVF)。


(ちなみにIVFはお金もかかったし、麻酔の副作用で大変な思いをしたのにもかかわらず、

その後結婚しないと決めたので、数年後に卵子を破棄しました。

それだけ本気で、結婚願望がなかったわけです。

IVFの経験談は需要があれば、またいつかお話します)


そんな私が紆余曲折を経て、

「本気で彼氏なんて欲しくない、一生結婚したくない」という悟りを開いたわけです。


で、その彼氏がいないというか、本気で欲しくない3年間に入る前に、

新築マンションを買い、そこに住んでいたわけですが、

老後はまた保護猫と保護犬を引きとり(元々猫と犬を飼っていた)、

愛するペットたちと穏やかな生活を送ろうと夢を膨らませていた頃、

この先ずっと住む、大きめのマンションが欲しいなと思ったんです。


本当はマイホーム(一軒家)が欲しかったのですが、

予算的にムリな気がして諦めて、マンションにしました。


当時住んでいたマンションは、私1人には十分でしたが、

私の勝手な未来予想図(by ドリカム)では、保護猫2匹と保護犬1匹と暮らす予定だったので

3匹と暮らすには狭いな…と、かなり大きめのマンションを購入したんです。


正確には、計画の段階でまだ建っていないマンションを買い、

頭金の支払いを済ませ、建築が始まるのを心待ちにしていたんです。


そのマンションの建築開始が遅れ、一向に工事が始まらないまま

半年が過ぎた頃に出会ったのが、今の彼氏です。


一目惚れでもなけりゃ、なんでもないですし、

本気で彼氏などいらぬと思って過ごしていた時期だったので、

正直、当初は自分に腹が立ちました。


「うわー、人とか好きになるのマジでめんどくさっ!

てか私大きなマンション買っちゃったし、

にゃんことわんこに囲まれて孤独死するのが夢だったのに、計画が狂うわー

と。


まだ建っていないマンションの住宅ローンの返済のため、

仕事と家の往復だけのつまらない毎日(←でもそれが私にとっての穏やかな幸せ)を描き、夢見ていたわけです。


彼氏とかできたらデートやら何やら、いらぬ出費もかさむので、

かなり計画が狂うなーと本気で残念がっていました。

(しかも出会った当初、持病が悪化していた彼氏は無職


でもひょんなことから、好きという感情を持ち付き合ってみたら、

彼氏が欲しいと思っていた時代に

「理想」としていた条件(←体格とか性格とか相性とかコミュニケーションの仕方とか)に

思いっきり当てはまっている人で、正直びっくりいたしました。


過去に付き合っていた彼氏たちに対する

「もっとこうだったら良いのに」みたいな不満を満たしてくれる人と言いますか。

もちろん、当てはまっていない条件もありました(&あります)が…


まあ今でも結婚願望がないので、今の彼氏とも10年後くらいには別々の道を歩む可能性もあるので、

猫さんと犬さんに囲まれての、お気楽独り身生活という夢は、いまだ健在でございますが



なので「私は〇〇で彼氏ができました」の〇〇は、

「マンションを買ったら」が正解です?

彼氏が本気で欲しくなかった私にもできたので、良ければお試しを…?

ってコラーッ!

安易な気持ちでマンションとか買っちゃダメっすよ!


しかも、マンションを買ったから彼氏ができたんじゃないんですよね、Tも私も。

恐らく本気で、「もう男はイラネー」とか、「独りで生きて行こう」という決心をしていたので、

俗に言う「願望を手放した状態」だったのかも知れません。


まあ昔の記事で、執着したままでも願いは叶うという話をしましたが、

それでも叶わない場合は、手放しが必要かも知れません。

と言っても、手放したフリではきっとダメなんだと思います。


マンションを買うのって、庶民の私たちにとっては、

勇気も決断もお金も要るじゃないですか、

セレブだったりお金持ちでもない限り。


「一生独りで生きて行こう」という本気の思いがない限り、

なかなか20代、30代の若いお嬢さんにはできないことだと思うんです。

そういう意味でマンションを買うという行為は、本気での手放しの象徴であったと思います。


もちろん、マンションじゃなくても良いですよね。

「一生独りで生きていくから、好きな事をしよう!結婚もしないから貯金もいらんわ!」

と仕事をやめて、世界中を旅行している最中に、彼氏ができちゃったりするかもしれません。

そして「無職で貯金もないのに、彼氏ができてしもたー、ヤベーッ!」ってなる感じ?


よって「〇〇したら彼氏ができた」の○○は

本気で手放した、本気で執着をなくした、

本気で独りの生活を楽しんでいた、が正解かも知れません。


彼氏が欲しいと切に願いみなさんにも、ステキな出会いがありますように…


そんなこんなの2020年1発目の待ち受けは、

出会いに関係なく  連絡が来る待ち受け!

(今年も本文の流れ、無視です!)

かなり強力と噂の待ち受けです。


連絡の来て欲しい相手の着メロ?着歌?着信音?を

待ち受けのベルに合うような、チリンチリン系?リンリン系?とか、

オルゴール系にすると、効果が更にアップするそうですよ。

良ければお試しを!


P.S.
しつこい幸さん、何度もお願いしていますが、マジで2度とコメントしてくんなよ!

待ち受け


ポチっ↓とされると頑張ります♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 待ち受け画面・画像へ
にほんブログ村