こんにちは。

日本は春が近づいて来た頃でしょうか?


まずは待ち受けの紹介の前に、今日は『真実の愛の物語』(←なんだか壮大)をお届けします。

イギリス人カップル、サーシャ(30)とジェイ(32)の実話です


サーシャはHIV感染者です。

5才の時に、水疱瘡がなかなか完治しなかったため病院で検査をしたところ、HIV陽性と診断。

あまりに幼い年齢だったため、医師たちがサーシャの母親シャロンさんを検査したところ、

母シャロンさんがHIV感染者で、サーシャは母親の子宮内でHIVに感染したことが断定されました。

母シャロンさんはおそらく、コンドームを使わないセックスで、過去に関係を持った男性からHIVに感染した様子。

シャロンさん本人も、自分がHIV感染者であることを知らずに妊娠・出産、

娘のサーシャに感染させてしまったのではないでしょうか。


母に代わり、祖父母に育てられたサーシャ。

6才から8才までの2年間、HIV感染症のため体調が悪く、寝たきり状態だったと言います。

当時は16錠もの処方薬を毎日2回、飲まなくてはならず、

幼い年齢でHIVの知識がなかったことや、重大性に気づいていなかったサーシャは、

薬をほとんど飲まず、親代わりの祖父と、何度も喧嘩になったと言います。


10代になっても、薬を飲まない生活は相変わらず。

そしてある日、学校の友人の1人に、HIV感染者であることを告げると、

その友人が学校中にそのことを喋ったため、差別やいじめを苦に学校を退学。

毎日、「いつ感染症で死ぬんだろう」と恐怖に怯えながら生活していたものの、

それでもHIVの薬を飲まなかったのは、

「薬を飲むことで、自分がHIV感染者だと常に意識しなければならないのが辛かった」と語るサーシャ。


そんなサーシャに転機が訪れたのは18才の時。

当時の交際相手の子供を予期せず妊娠。

自分の子供に、自分が味わった苦労をさせたくないという必死な思いから、HIVの薬を飲み始めます。

ちなみにその子供は母子感染なく無事に生まれ、現在12才ですが、HIV感染者ではありません。


さらに、サーシャが20才の時、母親シャロンさんがAIDS(エイズ)を発症し、合併症により42才の若さで亡くなり、

HIVについて真剣に考えるようになったと言うサーシャ。

そんなサーシャが23才の時(今から7年前)に、バーで出会ったジェイと恋に落ちます。

実物のサーシャとジェイ。
photo

HIVのキャリアであることを告げたら、拒絶されるのではないかというサーシャの不安とは裏腹に、

HIV感染者であるサーシャを大きな心で受け入れたジェイ。

サーシャがきちんと薬を飲み続けるように諭し、当初はコンドームを使用し性行為に及んでいたものの、

サーシャの血液中のHIV抗体数が低い(つまり他者への感染がとても低い)状態であることから、子作りを開始。

そしてサーシャはジェイの子を妊娠。

母子感染はなく、この子供も無事に生まれ、HIV陰性で現在は5才に。


先に生まれた12才になる子供と、5才の子、そしてジェイと幸せに暮らしているサーシャ。

現在は、HIV感染者に対する差別を減らす活動をしております


ジェイが理解と知識のある人で、本当に良かったですね。

例えばもし、自分が医療の仕事をしていなくて(HIVの知識がなくて)、

誰かと恋に落ち、だけどその男性から「ぼくはHIV感染者なんだ」と言われたら、

すべてを受け入れて飛び込めるかな?と言われたら、即答できないかも?

お友達や仕事仲間ならもちろん即答できますが、自分の恋人となり、エッチし、

将来子供も欲しいかもしれない…と思うと、なかなか決断が難しいかも知れませんよね。


しかし実際は、きちんと抗HIV薬を飲み、体内のウイルス量が検出不可(日本語では、「検出限界以下」と称されています)であれば、

性行為でのHIVの他者への感染はゼロに等しい、という研究発表が、数年前の国際エイズ会議で発表されました。

母親の胎内での胎児への感染も、1%未満とされ、非常に低いことが判明しております(ウイルス量が検出限界以下の場合)。


HIVのお薬も、副作用はあるものの、昔に比べれば数もぐんと減り、

今では大体3種類くらいを1日1回の服用で済む場合が多いですよね。

先月だったかな、数週間前にも、世界で2人目の「HIV完治者」がニュースになっていましたよね。

「HIV感染=死の宣告」という時代も認識も、古いものとなりました。


そういや昔、「神様、もう少しだけ」とかいうドラマがありましたよね?DVDで見たのかなー。

深キョンが、白いデカパン露出で逆立ちしていたシーンが、脳裏に焼き付いています

HIVに感染した深キョンに、金城武(懐かしすぎ)が「おまえのすべてを受け入れる」とかなんとか言って、

コンドームなしのHをするという設定が、無責任だと論議を呼んだとか。

歓楽的な考えはよくありませんが、サーシャとジェイのようなケースは「いい話やぁ 」と、応援したくなりますね。

そして、HIV感染者に対する差別や偏見が減りますように。


それでは〆は待ち受けの紹介です!

本日の待ち受けは、「願いが叶う三日月と妖精」です  

お月さん、かなり冷めた表情ですが  貫禄がおありで、効果がありそうです。


新月から使うと効果があるそうなのですが、

ごめんなさい、今月の新月、もう過ぎちゃったYO!アチャー

でも新月は毎月やってくる!

きっと来る~(←貞子を呼ぶな)

なので来月から使ってくだされ。

ちなみに待ち受けの使い方は、新月の夜から満月の夜まで、

妖精さんとお月さんの間で輝いている光を見つめて、願いをかけるそうです。

お願いする時間は長すぎてもダメだそうで、短くギュッと願いを込めて、

あとは普通に過ごすのがコツだそうです。

お願い事は、人を不幸にする願い以外なら、恋愛でもお金でも仕事でもオールマイティーでOKだそうです。

上記以外のことは、私が待ち受けを作ったわけではないので、分かりかねますので、

コメント欄で質問等されても、お答えできませんのでご了承ください。


良ければお試しを…



 初めての方は、コメントを書き込む前に、必ずこちらのコメント欄についてをお読みください。

 待ち受け紹介文面の、無断コピペはご遠慮ください。

 待ち受けをご利用になる方は、応援クリックをおねがいします 

 応援ポチはスマホならトップ画面上部、PCなら右サイドバー、もしくは待ち受け右下部のテディベアです

待ち受け


ポチっ↓とされると頑張ります♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 待ち受け画面・画像へ
にほんブログ村