熊本地震でお亡くなりになられた方々へのお悔やみと、
被災者の方々に心よりお見舞いを申し上げます。


本題に入る前に…。

コメント欄について』を読んでいない方のコメントには
今後ほんとうに一切、答えませんのでご了承くださいませ。

「質問したのに返信がない」と思った方は、
それは『コメント欄について』をちっとも読んでいないからであります



さて。

先日、友達に泣きつかれました。
「ぜんぜん出会いがない」って。

「頑張って行動しているけど、もうそれも疲れてきた 」と。

出会いとか彼氏がいるって、可愛いとか性格良いとか
あまり関係ないですよね。

外見ソコソコだろうが、性格がすごく悪かろうがなんだろうが、
彼氏いる子はいます 

ほいじゃ何が関係してるんだろうか
一緒になって考えたわけであります。

よく西洋占星術などでは、トランジットの金星が出会いの時期や
恋愛が好調な時期の道しるべになる、みたいなことを言われていますな。

トランジットってぇのは、カンタンに言うと惑星(この場合なら金星)の移動。

たとえばトランジットの金星が、ネイタルと呼ばれる
自分が生まれた日時・場所を元にして作成されたホロスコープの
太陽や金星の上に来た時に、出会いがあったり、交際を開始したり、
恋愛面で良いことがある、なんて一般的には言われています。

それが本当なら、金星ってぇのはホロスコープを約1年で1周するわけなので、
最低でも年に2、3回くらいは、恋愛のチャンスが訪れると解釈できます。

でも自分の過去の恋愛関係のできごとを振り返った時に、
あまりトランジットの金星がアスペクトを形成していた時期と
関係ないような気が…

その泣きついてきた友達にも、当てはまっていませんでした。
なんせここ5、6年の彼女は、彼氏もいなければ出会いすらない状態

ほいじゃなにが関係しているのだ~

といろいろ調べて発見したのが、今回お話しする『シンデレラタイム』です。

シンデレラタイムって、なんだか女子がウキウキする名前です

日本語ではこれについて書いているものを見なかったので、
であればこのブログにピッタリじゃまいか!と思い本日のネタに。

ただし、字数の関係ではしょるので分からない用語などは、
各自お調べくだされ。
コメント欄で質問されても答えませんぜよ…


さて。
シンデレラタイム
ってぇのは、運命のソウルメイトと出会う時期
こう呼んでいるそうですが、このキーポイントになるのが、

なんと愛の金星でもラッキースターの木星でもなく、
カイロンだというわけです。

日本語ではキロンと呼ばれているらしいので、キロンで進めます。

よく男女の恋愛の相性を見るには、火星と金星が大事で
夫婦とか結婚の相性とか運命的なことや縁の深さを見るには、

太陽と月、結婚なら土星も、そしてアングルと呼ばれる
アセンダント、ディセンダント、MC、ICの4つを重視、なんて言われています。

個人的にアングル絡みの引力は凄まじいと思うので
その話はまたいつか…


ほいで、日本ではそこまで重要視されていないのが
キロンのパワーです。

海外だとけっこうメジャーだと思います、
惹かれあう力とか縁の深さを見る時など。

そんな今回の主役である小惑星のキロンは、
50年をかけてホロスコープを1周(12コの星座を渡り歩く)します。

よって上で述べた、1年で1周する金星などに比べると
動きがとっても遅い惑星。

つまり、このキロンが自分のネイタルの天体と、
好アスペクト(コンジャンクションがやはり強力だと思います)を
形成する時期ってぇのはなかなか巡ってこない、
滅多にないチャンスなわけであります。

人生に1度あるかないかくらい?
それだけ効力が大きいのでは?という淡い期待…

そして以下がシンデレラタイムの条件です。

コンジャンクションのオーブは、最大3度までとしています。

(コンジャンクションってぇのは当たり前ですが
同じ星座という意味ではなく同じ星座かつ、度数まで同じという意味です。

オーブ3度は、その度数のプラス・マイナス(前後)3度までという意味です)


・トランジット木星が、ネイタル キロンとコンジャンクション
・トランジット キロンが、ネイタル木星とコンジャンクション

・トランジット金星が、ネイタル キロンとコンジャンクション
・トランジット キロンが、ネイタル金星とコンジャンクション

・トランジット海王星が、ネイタル キロンとコンジャンクション
・トランジット キロンが、ネイタル海王星とコンジャンクション


上記に該当する時期がソウルメイトに出会えたり、
最高に幸せな結婚ができる『シンデレラタイム』だそうです。

海外のサイトだと、このシンデレラタイムに出会ったり、
結婚をした著名人の例などが載っていました。

ほいじゃどうやって自分のネイタルやトランジットを調べたら良いのら~
と疑問な方。

ネイタルってぇのは上で説明したように、自分の生年月日が分かっていれば、
ネットなどでもカンタンに出せます。

自分の出生時間、出生場所まで分かっている方が、
コンジャンクションなどのオーブを取る際に正確です。

(今回のシンデレラタイムには直接関係ないけれども、
上で書いた4つのアングルは、出生時間が不明だと出せません)

トランジットは無料のホロスコープ作成で、
2重円を作成できるサイトで調べられます。

そんなのめんどいわ~
って方は電話でも対面でも、占い師にお願いしちゃえばよいと思います。

1回ぽっきり、ネイタルやトランジットを調べてもらうだけなら、
そこまでお金はかからないと思います。


シンデレラタイムは金星以外、動きが遅い惑星なので
(木星は12年で1周、海王星なんて165年で1周)
タイミングが難しかったり、ほとんどのシンデレラタイムが幼少期だったり、
老後だったりする可能性も大いにあります。

トランジットの木星なら12年に1度なので、
20代・30代でみんなに平等にやってきますな。

あとはトランジット金星がネイタルキロンとコンジャンクション以外、
なかなか厳しい人が多いんじゃないでしょうか。

だからこそ希少価値があり、
シンデレラタイムなんて呼ばれているのかも知れません。

20代・30代で迎えられる方はラッキーですな。
それだけでシンデレラって感じです。

私も20代30代ではT金星・T木星がらみ以外のシンデレラタイムを
迎えることができない、星の生まれでございやす


シンデレラタイムが40、50、60過ぎてから

なんて方も、あまり落ちこみませんように。


もう1コおまけで書くと、
プログレスの太陽が、ネイタルの金星にコンジャンクションした時に、
結婚や出産を迎える女性が多いというのも、よく言われている話です。

プログレスの太陽ってぇのは、30年で1コの星座を移動します。
つまりホロスコープを1周するのに360年かかります。

1年で1周している金星などとは重みがケタ違い。

女性の婚期や出産年齢を考えると、
プログレスの太陽
ネイタルの金星
コンジャンクションする時期なんてぇのは、
それこそ一生に1度あるかないかの大チャンスです

ホロスコープがチンプンカンプンな方は、
ややこしくて理解しづらいかと思うので例を…

たとえば、ネイタルの金星が獅子座の10度にあるとします。
そこへプログレスの太陽が、獅子座の10度に乗る(来る)時がチャンス

プログレスの太陽は1年で1度と遅い進行なので、
約1年間くらいが、ピッタリ10度(オーブ0未満)で重なる時期。

つまり。
自分が魅力的に輝き、モテたり出会いが増えたり=彼氏ができるチャンスや、
結婚が決まる・妊娠するなんていうチャンスが、
数日・数週間でなく、1年間も続くわけです。

ピッタリでなくても、前後1度(最大オーブ2度)で結婚、
なんて話もよく聞くので、だとしたらその数年が
婚活やら不妊治療やらの大チャンスという考え方です。

そして太陽と金星は、距離があまり離れることがないので、
生きていれば誰しも必ず1回は、このチャンスに巡りあえるわけです。

しかも30代、40代でこのプログレスの太陽が
ネイタルの金星に乗る女性も多いわけです。

プログレスも、無料で3重円などを出してくれるサイトで調べられます。

話がキロンから反れちゃったけれども
シンデレラタイムに話を戻しましてぇと…

そんなこんなで、シンデレラタイムが老後だろうが、落ちこむこたぁないです。

強い絆で結ばれている運命の相手なら、
シンデレラタイムじゃなくても出会えるはず 

それにシンデレラタイムでなくたって、彼氏と出会ったり結婚した人、
そして幸せに暮らしている人なんて、五万といます。

でも20代・30代で迎えられる人は、
ちょっとウキウキで期待していると、人生がより楽しくなると思います。

シンデレラタイムの時は、家にこもりっきりとか
仕事三昧で心身ボロボロな状態を過ごすよりは、

一生に一度あるかないかの恋愛の大チャンス、逃してたまるか
と思って、
出会いを率先的に求めるような行動をしたらよいと思います。


ということでやっとこさ、本日の待ち受け紹介でございます。

シンデレラつながりで、連絡がくる待ち受けとして定評のある
シンデレラ城の待ち受け第2弾でございます。

効果は以前に紹介した
淡い色のシンデレラ城とほぼ同じだそうです。


  待ち受けをご利用になる方は、応援クリックをおねがいします 

応援ポチはスマホならトップ画面上部、
PCなら右サイドバー、もしくは待ち受け右下部のテディベアです。
シンデレラ城



ポチっ↓とされると頑張ります♪


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 待ち受け画面・画像へ
にほんブログ村